ある日突然やってきた肩の痛み…

ある日の朝、激痛で目覚めたのです。何がどうなったのかわかりませんでした。整形外科に行ってみると、肩関節が固まる、「五十型」というものでした。
湿布や電気治療は効き目を発揮できないほど、日に日にひどくなりました。しかも左肩までいたくなってきたのです。治療中だったこともあり、左は軽く2か月ほどで戻りましたが、右肩は疼いてお化粧もできません。泣く日が続きました。生きているのがこんなにつらいのかと思ったくらいです。
友達からの連絡で、同じように苦しんでいると聞き、自分だけではないと心が落ち着きました。
それからは肩に良いというものを調べてお互いに知らせました。
あずきのカイロは遠赤外線効果がありじんわりと関節と周りの筋肉を緩和してくれます。数個用意して、交代に使うようにしました。
寝るときもケープなどで肩や首周りを冷やさないようにし、抱き枕で腕の角度を調節して少しでも睡眠をとれるように工夫しました。
肩甲骨が固まらまいようにと整形外科の先生からおしえてもらった、肩の体操は、両脇をしめて小さくまわすことでした。これくらいならできると思って頑張ると、翌日つらくなるので30回までにして、お風呂上りに行いました。
なかなか思うように治らなくて、悩んだ時もありましたが、乗り越えることができたのは、彼女と一緒に頑張れたからです。
1年くらいして、体操するのも忘れた頃には、肩は動くようになっていました。
今では、会うとお互いに元気になったことを喜んでいます。